社長挨拶・役員挨拶

会長挨拶

「三方よし」

近江商人の経営哲学に「三方よし」の精神があります。「三方よし」とは、「買い手よし」「売り手よし」「世間よし」です。
私達の経営理念は「お客様」そして「私達社員」そして「地域社会」への対応を規定しています。

「お客様」には、最新の情報提供と最適な商品サービスをご提供することで、「バリュー」(価値)を感じていただき、「バリュー・卜一力イ」で良かった、「バリュー・トーカイ」に出会えて良かった、と思われる会社を目指しています。さらには、お客様の声やご要望をしっかりとお聴きし対応することで信頼を積み重ねてまいります。「保険クリニック 三島本町店」をオープンしたこともその姿勢の一環です。
この姿勢は、保険会社をはじめとするお取引先企業の皆様にも同様に対応してまいります。

代表取締役高木基

「私達社員」は、お客様に「バリュー」をご提供させていただくために、絶えず変化をおそれず常に最新の情報収集につとめ、走りながら考え、成長発展し続けます。また支店間や社員間での絆と連携を深めることで社員とその家族みんなが幸せになることを目指します。そして、この日々の努力の積み重ねで、皆様に安心と安全をご提供させていただくことで「地域社会」に貢献していきたいと思います。

この「三方よし」の精神で走り続けることを皆様にお約束させていただきます。

社長挨拶

保険という仕事において最も重要なのは、どれだけ深くお客様の想いになれるか、またお客様の立場に立って考えることが出来るか、と考えております。
人の一生はとても短く、一生涯でご縁をいただくお客様は限られています。
そのこ縁をいただいたお客様の声に真摯に耳を傾け、どんな小さな心の声も聞き漏らさぬよう常に心掛けております。そしてお客様の為に私達は何をさせていただくことができるのか?どうしたら心から喜んでいただけるのか?それを日々追求しております。
バリュー・トーカイは保険という仕事を通じて生涯に渡り、また世代を越えてお選びいただける会社、またお客様に寄り添える人間の集団を創って参ります。

専務取締役高橋和幸

役員挨拶

松下幸之助の言葉に、「松下電器は何をつくるところかと尋ねられたら、松下電器は人をつくるところです。併せて電気器具もつくっております。こうお答えしなさい」とあります。
私達に「バリュー・卜一力イはどんな会社ですか?」と尋ねられたら、私達は「雇用の創造をしています」と答えます。
バリュー・トーカイは保険代理店ですが、あくまで生業です。私達は保険代理店業を生業として雇用を創り出します。
保険屋さんと聞くと、殆どの方は、「先ずは縁故知人に営業をして、縁故知人から契約が取れなくなると成績が上がらずに、退職に追い込まれる」と言うイメージをお持ちだと思います。
バリュー・トーカイは縁故知人営業を行いません!
私達は最新の情報を学び、情報を提供する事により、お客様に安心と安全を提供いたします。
人材と言う言葉が有りますが、人材は人材ではなく人財なのです。人財を人済としているのは企業です。人材を育成して人財に変えて、強固な経営基盤を作り、更に雇用を増やす環境を創る事が私達の使命です。


取締役井石清隆

顧問挨拶

『保険は安心』
保険の代理店とはと常々考えてきました。
今ここで新たに思うことは、保険はお客様が不幸にも事故に遭われたら、お客様の経済と心の不安が少しでも軽減できるお手伝いの為に保険金が支払われるので少しはお役に立つと思います。
ここで、お客様に喜んでいただく事で保険の目的が達成されると思います。
私達代理店は少しでもお役立てできるようにお客様と信頼関係を持ち何でもお互いに話し合える様にしていきます。
勿論、事故がない方が良いに決まっています。しかし、保険は事故に遭われた時に少しでも、お役立ちできる事が保険です。
日頃の業務で、ご安心いただけたらと思います。保険は進化していますので新たな情報につきましてはお客様に、ご提供させて頂き、共有させていただきます。
お客様に安心していただけるように常日頃勉強していきたいと思っています。